修得者課程

修得者課程

sintit

理容師または美容師のどちらか一方の国家資格取得後、昼間課程は1年、通信課程は1.5年の修学により、もう一方の資格を取得することができます。またもう一方の国家試験の際は、技術理論と実技試験のみの試験となります。※3年間での取得は昼間課程の場合

new

理容師と美容師の違いって?

理容師と美容師、どちらもサロンでお客様の髪の毛をカットする仕事なので同じように思えますが、法律で区分されているように、それぞれできることが異なります。

法律で理容師は
「頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整える」(理容師法第1条の2)
美容師は
「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする」(美容師法第2条)と定義されています。
実際のサロンでは、理容師は顔そり(シェービングが)行え、ヘアセット・メイクは美容師の業務範囲とされています。

2つの資格を取得するメリット

両方の資格を持つと、美容室でも顔そりができたり、理容店でメイクやまつげエクステンションを行えるようになったりします。これにより、お客様へのサービスの幅を広げることができ、就職先や活躍できる場も広がります。

もう一方の資格取得のための修学にかかる費用

もう一方の資格取得のための修学にかかる費用は、選考料18,000円、入学金150,000円が免除になります。
また、昼間課程の場合、教育充実費150,000円のうち100,000円が免除になります。
ただし、下記の条件を満たしている方に限ります。

  • 最初の資格取得において、本校に修学していた方。
  • 最初の資格取得後、継続して本校に修学される方。
  • 卒業後、期間をおいて修学される方は、入学金・教育充実費が必要になります。

※制度に関する詳しい内容は本校へお問い合わせください。

本校だけの応援プラン 継続修学による資格取得をおすすめします!

最初の資格取得において本校にて修学・資格取得後、次の資格取得のために継続して本校に修学される方は、1年間の修学にかかる費用を大幅に免除します。
※1 最初の資格取得後、期間をおいて修学される方は、入学金が必要になります。制度に関する詳しい内容は本校へお問合せください。

■ 理容科から入学の場合

選考料18,000円、入学金150,000円が免除になります。
(昼間課程の場合のみさらに、教育充実費150,000円・実習費206,400円が免除になります。)

01_riyo_biyo

■ 美容科から入学の場合

選考料18,000円、入学金150,000円が免除になります。
(昼間課程の場合のみさらに、教育充実費150,000円が免除になります。)

02_biyo_riyo

※1 上記の入学金等の免除に関しましては本校を卒業する事が条件となります。従って中途退学した場合、謹慎を与えられた場合は、その効力を喪失し、その時点で費用の差額が発生します。
※2 別途に教材費・行事費等がかかります。

コンテンツメニュー

学科・コース
オープンキャンパス 入学案内・資料請求 lone

フェイスブック

side_footer